電子カルテ・医療情報システム・システム開発の久保田情報技研

ORCA導入・サポート

ORCAプロジェクトとは、医療情報ネットワーク推進委員会にて「医師会総合情報ネットワーク構想」(1997年 情報化検討委員会)を構成するツールの一つとして認められた日本医師会の研究事業プロジェクトです。
従来のレセプトコンピュータ導入コストを大幅に削減いたします。 また、日本医師会のネットワークセンターに接続することで、バックアップサービス、マスターの更新、最新情報の提供が受けられます。今後日医標準レセプトコンピュータシステムは、医療情報システムの基幹端末として幅広い利用が計画されております。
orca_support

ORCAプロジェクト

なぜ今ORCAなのか?

無償で提供されている

日本医師会のホームページより、無償で提供されているので、ソフトウェアの代金は無料です。
レセプト電算処理システム機能,労災・自賠(労災準拠・保健準拠対応),地方公費対応等,無償で標準対応され、バージョンアップや法改正も無料でできます。

法改正に強い

ORCAを作成しているのが日本医師会という理由もありますが、ネットワークを利用してバージョンアップを行っているので、メーカのサポートを待たなくとも、素早く法改正に対応できます。

連携ソフトが充実している

久保田情報技研の電子カルテ「mRec+」や地域連携システム「ゆめ病院」をはじめとし、給付管理の「給管鳥」や訪問看護専用請求支援ソフト「訪管鳥」などの連携ソフトが充実している。

久保田情報技研のORCA導入・サポート

久保田情報技研では、ORCAに関して、以下の導入サポートを行っています。

  • ORCA導入用のハードウェア購入、インストールから確認テストなどを低価格で提供します
  • ORCA認定資格を持ったメンバがサポートしますのでご安心ください!
  • リモートでサポートが受けられます。
  • バージョンアップや法改正対応も弊社からリモートで対応します

★★★ お問い合わせはこちら ★★★

PAGETOP
Copyright © Kubota Information Technology All Rights Reserved.