電子カルテ・医療情報システム・システム開発の久保田情報技研

電子カルテ

電子カルテ(e-医キットmRec+)

日本医師会のレセプトソフト ORCAと国内唯一の接続方式で、受付や病名登録等の登録を電子カルテから操作できます。
入力も手書きで楽々操作!

e-医キットmRec+の特徴

機器構成

ハードスペック

Q&A

導入事例

「e-医キット mRec+」は東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業支援対象商品です

日医標準レセプトソフトと国内唯一自由度の高い連携

日医標準レセプトソフトと国内唯一の接続方式により、他社の電子カルテにはできない機能を実現!
  • 電子カルテから、ORCAに登録されている患者基本情報の変更や病名追加ができる
  • 診療行為入力の都度 概算患者負担額の即時表示ができる
  • カルテで特定疾患指導の対象時期患者がわかり指導漏れを防ぐことができる

mrec_p2

指導漏れをなくす「特定疾患自動表示機能」

特定疾患の対象患者を「特定疾患」ボタンでお知らせします。このボタンを押して指導を入力することにより 指導漏れをなくすことができます。

e-key_03

負担額を把握することができる「会計金額概算プレビュー機能」

「e-医キット mRec+」では、ORCAとの連携により、会計時に患者様が窓口にて支払う金額の概算をプレビューする機能があり、各種算定や薬品価格が保険負担額を計算した上で表示されます。患者の負担額を簡単に把握することができます。
mrec2

「病名の二重登録や処方のミスを防止」

「e-医キット mRec+」では、患者様の病名を登録するとORCAにも同じ病名データが転記されます。既にORCAに登録済みの病名であった等エラーが発生した場合、そのエラーをカルテからも確認することができます。カルテから転帰を正確に管理することができ、病名の二重登録や処方のミスを防ぎます。

「レセプトデータ参照機能」

「e-医キット mRec+」では、カルテ画面から当該患者のレセプトデータを参照することができます。これにより、ORCAに登録してある過去の処方情報など、通常ではカルテから見られなかったORCAのレセプトデータを参照する事ができます。
mrec3

「処方箋記入漏れ防止機能」

用法コメントを入力する手間を省く為に多数の定型文が準備されています。
youhou1
youhou2

「スタンプ(シェーマ)の活用機能」

標準で医療に頻繁に使用される全身のスタンプ(シェーマ)が多数用意されています。
また、必要に応じて自作のスタンプ(シェーマ)も登録できます。
※貴院の診療科に合わせてシェーマを作成するサービスも致しております。
mrec_p4.

カルテのコピーを行う「Doカルテ機能」

過去のカルテをコピーして作ることが出来ます。毎回同じ診療行為を行うときに威力を発揮します。

頻度の多い入力を予め登録できる「セット登録」

頻度の多い診療行為をまとめて登録することがセット登録です。あらかじめセット登録しておけば診察中の入力を極力短縮することができます。

故意または過失による虚偽入力書き換え及び混同を 防止する為の「カルテ変更記録機能《真正性に対応》

電子保存にはその情報の真正性が確保されていなければなりません。mRec+にはいつ、誰が、どのように変更したかが正確に記録されています。診療終了後に医師がカルテを変更しても医事は変更点を一目で確認することができます。

不測の障害発生時にも

回復時間の最短化を可能にするため、常時データバックアップ機能を作動させ、業後の面倒なバックアップ作業は不要となります。バックアップ媒体に取る方式と違い直前までのデータが救え、最悪でも異常発生時に入力していた最後のデータ1件の再入力だけで済むシステム方式になっております。

各種医療画像(CT/MRなど)

「眼底写真」「CR」「心電図」 「問診票」 「紹介状」「患部写真」に対して診察対面中の患者の各種情報と同該医療画像とを同時に閲覧し、的確且つ高度な診療を行うことができます。 本機能を使用すると従来紙カルテに挟んで管理していた全ての紙が不要となり、カルテ庫廃止の条件が整います。
e-key_orca_e23

外部からの検査結果データは手入力不要

検査会社から返ってきた検査結果データを指定するだけで簡単に取り込めます。手入力の必要がないので入力ミスを防げます。 取り込んだ検査結果をグラフ表示して測定値の経緯の説明、印刷物としての提供などにご活用いただけます。
e-key_orca_e25

機器構成

mrec_hardware

ハードスペック

ハードウェア 製品名
mRec+/ORCAサーバ CPU IntelR PentiumR4 プロセッサ 3GHz
メモリ / HDD/Network 2GB / 80GB/100B-TX/1000-T
クライアント端末 CPU IntelR PentiumR4 プロセッサ 3GHz
メモリ / HDD/Network 1GB / 80GB/100B-TX/1000-T
モニター IBM 17.0V型TFT
レセプト用プリンタ プリンタ RICOH NX96e (25枚/分)
ネットワーク装置 ルータ BUFFALO BHR-4RV VPN機能付
ハブ BUFFALO LSW-GT-8ES
バックアップ装置 外付けハードディスク BUFFALO HD-HG160LAN
無停電電源装置 UPS IBM UPS1000TJV

Q&A

Q: カルテの更新はできますか?

A: はい、大丈夫です。
日レセ連動電子カルテで唯一の方式で接続しているのでカルテの更新も面倒な作業なしに簡単にできます。

Q: 傷病名の登録はできますか?

A: はい、登録はもちろん、訂正更新や削除も可能となっております。もちろん日レセ(ORCA)に即時的に送信されます。

Q:カルテを訂正すると履歴は残りますか? 電子保存の三原則には対応していますか?

A: はい、対応しております。

1999年、厚労省から「診療録等の電子媒体による保存について」という通達が出されました。電子カルテの三原則ともいてれています。それはこの三原則を満たした場合のみ、電子カルテとして認めるということです。

  • 真正性:いつ、誰が、どのように変更したかが正確に記録されています。診療終了後に医師がカルテを変更しても医事は変更点を一目で確認することができます。
  • 見読性:検査、投薬、傷病名、主訴・所見の履歴など過去の診療行為を患者さん単位で簡単に一覧できます。
  • 保存性:弊社独自のバックアップ方式で安全にデータを保存します。
Q: 受付から、先生が書いたカルテを見る事はできますか?

A: はい、大丈夫です。
受付だけではなく、院内にネットワークが整備されていればどこでも参照することができます。

Q: 今まで紙カルテに付箋紙やメモで備忘録を貼っていましたが、電子カルテではできないですか?

A: いいえ、できます。
患者さんに関する情報を院内スタッフで共有することができる「院内共通コミュニケーション・備忘録機能」があります。
人形マークが表示されており、通常の情報は青、他のスタッフへ注意を促したい場合などは赤・・・など、院内で自由に決めてお使いいただけます。なお、本情報は医療情報ではないのでどなたでも更新可能となっております。

Q: ハードウェアが壊れた場合カルテは見れないの?

A: いいえ、大丈夫です。
標準構成をご導入いただいていれば、運用復旧まで数分~数10分です。再入力についても、サーバ故障の場合でも異常発生時に入力していた最後のデータ1件の再入力だけで済むシステム方式になっております。
また、業後の面倒なバックアップ作業も不要となります。

Q: 紹介状や検査伝票など、紙管理はどうするのですか?

A: 紹介状や検査伝票などの紙は、スキャナ等で電子カルテに貼り付ける事ができます。
また、画像管理※をお使いいただければ色々な電子ファイルを分類して管理ができます。
※画像管理はオプションとなっております。

Q: 検体検査結果の電子管理はできますか?

A: はい、検査会社様のご協力によって、データの取込みができます
もちろんグラフ表示や印刷もできます。
また、至急に検査しなければならない院内検査結果や患者持参の健診結果も手入力もできます。
※検査管理はオプションとなっております。

★★★ お問い合わせはこちら ★★★

導入事例

PAGETOP
Copyright © Kubota Information Technology All Rights Reserved.