電子カルテ・医療情報システム・システム開発の久保田情報技研

導入事例 – 木村レディスクリニック

木村レディスクリニック(東京都渋谷区)
木村敬院長
診療科目:産婦人科
sennsei_3

電子カルテシステムを導入するきっかけは?

以前から、診療・オーダ・会計・レセプトが一元となった電子カルテに非常に興味がありました。
‘06の10月まで、他社のレセコンと紙カルテを使用していましたが、カルテ庫がいっぱいになり容積的にも不足を感じてきて、そこで電子カルテの導入踏み切らせていただきました。

mRecを選んだ理由は?

電子カルテ導入にあたって一番考えたのが、日医標準レセプトソフトのシステムが使用出来る事が第一条件でした。
mRecを使用する事により、日レセへ簡単にスピーディーに診療行為の入力が出来るという事で、mRecを当医院では利用させていただいています。

mRecを使ってみて?

大手のメーカーではよく有料のサービスになってしまうリモートアクセス、 VPNを使用したシステムが通常でこのサービスを利用できる、これが一番のメリットだと思います。 例えば、診療内容の途中で止まってしまう、どうすれば良いかわからない時に、電話片手で1本で、同じ画面を見ながら、その時点で私が間違えたミスを教えていただける、時間がほとんど掛からずにできる、そのようなサービスが非常に魅力的だと思います。

PAGETOP
Copyright © Kubota Information Technology All Rights Reserved.