電子カルテ・医療情報システム・システム開発の久保田情報技研

導入事例 – かやまクリニック

かやまクリニック(東京都渋谷区)
加山裕高院長
診療科目:内科
sennsei_1

電子カルテシステムを導入するきっかけは?

電子カルテというのは、これから時代の流れで必須になってきていると思います。大きな病院が入っているのに、開業医に入っていないのは時代に遅れている、開業医も電子カルテを使いこなして、大病院の電子カルテと総合乗り入れみたいな形にしていかないとITで時代に乗り遅れになってしまうという点が1つと、やっぱり、電子カルテは早く正確に入力する必要があると思いますので、今のうちから各先生のノウハウを作っていかないと徐々に遅れた形になってしまうと思います。周りの時代に応じた要望と自分のスキルの上昇が一番の大きな点ではないかなと思ったからですね。

mRecを選んだ理由は?

日レセの画面を見てマニュアル無しで入力は誰も出来ないと、使いこなせないと思います。ところが、同じ入力画面でもmRecは簡単にほとんどマニュアルなしでも、入力ができると思います。直感的に診療行為をいろいろ入力できる、そこら辺が一番の利点ではないかなと、日レセの入力画面にデータの入力画面をかけた、そこが一番の利点じゃないですか。日レセを自由に使いこなせる電子カルテといのは、僕の知ってる限りmRecだけだと思っています。

mRecを使ってみて?

特別養護老人ホームに行っていてますけど、そこのパソコンから自分のパソコンの電子カルテにアクセスする事が可能です。VPN接続などハード的なセキュリティをかけなければなりませんけど、今おそらく、外から自分の自由に操作できるのはASP型の電子カルテだけだと思っています。そのASP型の電子カルテというのは、とても高価です...いわゆる、ASP型の電子カルテを自分のクリニックに置いてしまう。これが、電子カルテmRecのメリットと言いますか、すばらしい所だと思います。

PAGETOP
Copyright © Kubota Information Technology All Rights Reserved.