電子カルテ・医療情報システム・システム開発の久保田情報技研

在宅医療サービス

ゆめ在宅サービス 概要

地域医療の現場に最先端のICTを導入し、診療情報の連携を推進することで、自治体の枠を超えて高品質な医療を等しく提供することを可能としたゆめ病院 システム。この12年間の運用・開発ノウハウを基盤とし、在宅診療に特化することでより分かりやすく、サービス化によって低価格を実現しより使いやすくした新商品です。
yume_homecare
従来は一人の主治医で担当していた在宅患者を、複数の医師、訪問看護師、そしてかかりつけ薬局が医療と介護の垣根を超えて連携し、一つのグループとなって見守ります。
基幹となるネットワークから末端のゆめ在宅サービス端末まで、月額料金制で提供することにより、より導入しやすくなっております。

ゆめ在宅サービスの特徴

複数の認証方式で安心セキュリティ

■端末と携帯電話の物理的2要素を活用した認証方式
one_time_password

■端末と記憶(マトリックス)の2要素を活用した認証方式
matrix_password
①使用する場所をあらかじめ個人ごと決定しておきます(配置場所と個数)
②乱数表は、アクセスごとに発行され上記のように表示されます
③設定された配置場所にある素数をパスワード項目へ入力し、ログインを行います。

メール・地図・カレンダーと連携

ゆめ在宅サービスでは、医療現場での医師・看護師などの負担を少しでも軽減するため、各種WEBアプリケーションとの連携を推進しております。「医療クラウド」のメリットを最大限に活かしたゆめ在宅サービスで、無理のない持続可能な医療の提供を支援致します。
mail_map_cal

各アプリケーションは、ゆめ在宅の画面からワンタッチで呼び出すことができます。
click_map

患者情報の共有機能

ゆめ在宅では、ログインしたユーザの権限に従って、以下の患者情報を共有することができます。
①基本情報(患者登録・検索、血圧測定登録・閲覧)
②検査情報(検査登録・閲覧)
③画像情報(院内画像登録・閲覧)
④診療情報(病名登録・閲覧、処方情報登録・閲覧)
⑤在宅診療支援 (共有情報登録・閲覧、グループ診療支援)
⑥レセコンとのデータ連携
⑦iPadによる非医療情報サービスの利用支援

血圧測定値グラフ

graph_blood

検査結果グラフ

graph_test

写真や動画の共有機能

タブレット端末から撮影した写真や動画を共有することができます。
yume_photo

看護記録などの帳票出力

入力した看護記録などの情報は、院内のPCから帳票として出力することも可能です。

ゆめ在宅サービス ご利用案内

24時間365日体制の在宅医療に取り組まれる施設に向け、ITを活用した支援サービスを毎月の利用料でお気軽にお使いいただけるようにいたしました。

  • 初期費用としてパソコンおよびタブレット端末のハードウェア購入費・導入費がかかります
  • ゆめ在宅サービスの機能は初期費用なし、毎月の利用料のみでお使いいただけます
  • 医療情報の取り扱いに安全なネットワーク利用環境をあわせてご提供いたします
  • ヘルプデスクサポート料金も月額利用料に含まれていますので安心です
    (注)サービスは原則として24時間利用いただけますが、ヘルプデスクサポートは下記営業時間帯になります
    平日 9:30~18:30 (年末年始、土日祝日を除きます)
  • ご利用価格につきましては、以下のお問い合わせまでお願い致します

★★★ お問い合わせはこちら ★★★

PAGETOP
Copyright © Kubota Information Technology All Rights Reserved.